スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インディスクリミネイト

あいどうも、やっちゃんです(`・ω・´)ゞ

エンバスを120にしたのか、「やりきった感」がものすごいせいで、メイプル小休止なぅであります(´・ω・`)

パズドラでは、リーダーをヘルメス→ホルスにし、チーム変更したら以外とサクサク進めるようになりました

今のチーム:ホルス(火)・デビルドラゴン(闇)・アルラウネ(木)・大海セイレーン(水)・アマテラス(光)

攻撃と回復のバランス結構とれてると思いますけど

火力面では全然高いほうではないんですよねぇ・・・それにHP低くなるし・・・

あと、PC重くてやる気がry + パズドラスタミナめっちゃ少ない時に限り、MHP1(モンスターハンターポータブル)をやってます

久々にソロでやりこんでみたくなってしまってねぇ・・・^^

ってことでネタを紹介します

--------- キ リ ト リ セ ン ---------
[使い魔の嫉妬? ホワイトデーの悪夢]
マルス「マスタ~」
やっ茶(自分)「ん? どうした?」
マルス「これを見てください」
Maple130303_203720.jpg
自分「って素っ裸じゃねえかああああああああああああああ!」

マルス「勲章だけ外し忘れてましたけどね; ひまだったのでビシャスを5分くらいで殺っちゃいました♪」
自分「おいおい;」
クロガネ(クロ)「オレは、こんなのを見かけたが、ウィスプはどう思う?」
Maple130311_102928.jpg
ウィスプ「リア充め、イチャイチャしやがって、ってかそんなSS見せんじゃねーよ」

自分「・・・」
クロ「おい!」
ウィスプ「あぁ、すまないでやんす、にしても珍しいモンスターでやんすね」
自分「3/6~3/21まで”ホワイトデーイベ”やってるからねぇ」
マルス「ところでマスターは、ホワイトデーにお返ししたんですか?」
自分「あ~、うん・・・まぁね」
マルス「へぇ~」

ウィスプ「マスターまでリア充しやがって、これだからリア充は・・・」

自分「あ?」

ウィスプ「ななな、何でもないでやんすよ~、はははは;」
自分「安心しろ、その女子はただの友達だし、あげたチョコは”義理”だから」
ウィスプ「じゃあ、なんであげる必要があるでやんすか!」
自分「それは・・・その・・・毎年オレんとこにチョコとか手作りのなにかをあげてるから、何かお礼しなきゃなーって・・・」

ウィスプ「やっぱり”リア充”してんじゃねぇかテメェ」

自分「え、リア充がなんだって^^」
ウィスプ「ひぃ~」
マルス「マスター、手紙カード来てますよ」

「またキミと話がしたい
      フリマまで来てくれ!
                  怪盗L」


マルス「マスター・・・すっかり好かれちゃってますね;」
自分「彼は意外と話したがりやなんだろう、行って来るわ」



~ フリマ ~
レバン「やぁ、やっ茶君」
自分「おうおう」
レバン「まずこれを見てくれ」
Maple130314_190729.jpg

自分「へぇ~、頑張ったんだねぇ~」
レバン「ところで」
自分「ん?」
レバン「ホワイトデーにお返ししたんだって?」
自分「な!?」
レバン「相手はどんな子なんだい?」
自分「いや・・・その・・・」
レバン「いつから付き合ってるんだい?」
自分「え~っと・・・その・・・」
レバン「可愛いのかい?」

自分「うっせー、だまれバカ#」

レバン「ふふふ、冗談だよ冗談」
自分「冗談って・・・てか、付き合ってねーし、ただの友達だし、それに・・・」
レバン「なんだい?」
自分「毎年・・・オレにあげてるから、お礼しなきゃなーって思ってるわけだし」
レバン「”お返しは2倍、遅れた罰は3倍返し”って習わしがあるからねぇ」
自分「まぁ、そんな習わし関係ないけどな」
レバン「そうそう」
自分「まだなんかあるのか?」
レバン「スリーピーウッドの深くに”ルートアビス”という区域が見つかったらしいよ」
自分「ルート・・・アビス?」
レバン「長きにわたり封印されてたボスモンスターが復活するとかしないとか、そんな情報をね」
自分「ほう」
レバン「言いたいことは以上だ、では失礼」


自分「ウィスプに嫉妬されるわ、怪盗に茶化されるわ・・・もうなんなんだよ」

と最後にはイライラが残ってしまったマスターであった

--------- キ リ ト リ セ ン ---------
以上

では次回で・・・
スポンサーサイト

エターナルミーク

あいどうも、やっちゃんです(`・ω・´)ゞ

最近パズドラにはまってます!

昨日(2/28)のPM3時~ 24時間「ゴッドフェスティバル(ゴドフェス)」ということで5回レアガチャを引いてみました

すると・・・

1体目:ヘルメスさん!
神タイプ・水属性
通常スキル:木・回復ドロップを水ドロップに変更
リーダースキル:味方の水属性の火力2倍

水属メインのオレにとって、ベルセルクsより攻撃面では心強い人


2体目:アマテラスさん!?
神タイプ・光属性
通常スキル:HP全回
リーダースキル:ドロップを消したターン、HP大回復

まさに”回復の神”、ただし強化しないと火力面では申し分ない

3体目:グリプスライダー
バランスタイプ・闇&光属性
通常スキル:光ドロップを闇に、光ドロップを回復に変更
リーダースキル:攻撃タイプの火力2倍

実質”初の2属性モンスター”
結構珍しい方らしいので保管


4体目:ホルス先輩
神タイプ・火属性
通常スキル:使ったターンのみ、火属性の火力UP
リーダースキル:4属性同時消ししたときのみ、威力4倍

水属性メインのオレにとって属性補正(木属性対策)のリーダー的存在
リーダースキルを使いこなすには、それ相応のプレイヤースキルが問われる

ラスト:トイトプス
ドラゴンタイプ・木属性
通常スキル:水ドロップを回復に変更
リーダースキル:木&水属性からのダメージを軽減

水属性メインのオレにとって”いらない子”
なのであえなく合成材料に・・・

と何もかもが予想外な結果と言った感じでした!

その後、寝る前に「妖花の誘い」(2段階目の木ダンジョン)に行ったら・・・

ドリヤードsをゲット♪

と、まさに”神”すぎる状況でした^^

では、ここでメイプルネタを紹介します

--------- キ リ ト リ セ ン ---------
[盗まれた携帯端末、幻影怪盗Lの真の狙いとは]
やっ茶(自分)「な・・・ない、おかしいなぁ・・・」
マルス「どうしたんですか?」
自分「オレのケータイがないんだよ」
クロガネ(クロ)「しっかり保管しないからだな」
自分「うぅ~;;」
ウィスプ「あれ? これ何でやんすか?」
マルス「えっと、なになに?」

「君のケータイ”iPhone 5”はいただいた
返して欲しかったらフリマまで来い
                       
              Maple120724_0523038.jpg 
                                   幻影怪盗L」


マルス「これって・・・」
ウィスプ「予告じょ・・・」
自分「盗まれたあああああああああああああああああああああ」

~フリマ~
自分「ったくあの野郎、どこにいるんだ?」
???「それはオレのことか?」
Maple130226_101614.jpg

自分「お前・・・まさか”幻影怪盗L”か!」

Maple130226_102326.jpg
幻影怪盗L「いかにも、オレは”幻影怪盗”名は”レバン”だ!」
自分「お前、オレのケータイ盗むとか・・・何が目的だ!」

レバン「なめこ栽培」

自分「・・・は?」
レバン「あのアプリがなかなかおもしろそうだったからね、十分楽しませてもらったよ」
自分「じゃあ、今すぐかえs・・・おおっとぉ」
レバン「それが君の望みだろ?」
自分「でもそれだけじゃないんだろ? オレに用事って」
レバン「さすが支部長さん、するどいねぇ、実は3つほどあってね・・・」
自分「なんだよ」
レバン「1つ目:今回の”ハイパースキル”実装は、実は数段階に分かれている
    2つ目:近々オレをリーダーとする、盗賊主体のグループ”黒猫盗賊団”を活動開始させる予定でいる
    3つ目:エンジェリックバスターから伝言
      Maple130225_1046058.jpg
  ”やっと120になったよ、これからもよろしくね☆彡”

    以上だ、フフッ 実に君はおもしろい人だねぇ」
自分「別にそんなつもりはないけどなぁ・・・」
レバン「それでは失礼」


自分「なめこ栽培が好きな怪盗って・・・(笑)」
  「それにしても、数段階に分かれるとか、めんどくさいなぁ・・・」

と、最後は変な感じになった支部長であった

--------- キ リ ト リ セ ン ---------
以上!

あくまで、盗賊始動(投げ・斬り・NW・DB・PTM)は”予定”です

実際育成するかは、まだ決まってません(斬り賊以外は)

では、次回で!!
プロフィール

やっ茶

Author:やっ茶
名前:やっちゃん
歳:21歳(社会人)
鯖:かえで
メイン :ヒーロー「やっ茶」
その他:「うちの子紹介」カテゴリ参照

ブログリンク大歓迎ですので気軽にどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。